スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

ヒラリー・クリントン、GITMOで絞首刑に

By Michael Baxter -2021年4月26日(Real Raw Newsより翻訳)


ハラペーニョ入りスクランブルエッグとストロベリーミルクセーキ。死刑囚の最後の食事です。

ヒラリー・ローダム・クリントンは月曜日の夜、グアンタナモ湾で絞首刑に処された。彼女の死は、ドナルド・J・トランプの権限を持つ米海軍特殊部隊が、失脚した政治家をニューヨーク州チャパクアの邸宅で逮捕した3月2日に始まった作戦の集大成である。世界で最も悪名高い拘置所で行われた5日間の法廷の後、3人の士官による委員会は、クリントンに殺人、殺人の共犯、反逆、児童売買、その他の重大な犯罪の罪を認めた。弁護人を拒否していたクリントンは、審理中一言も発せず、ジョン・G・ハンニンク副提督の死刑判決を淡々と受け止めていた。

絞首刑が行われたのは午後9時5分、世界各地の米軍基地で静寂の時を告げるタップス(消灯ラッパ )の後すぐだった。

John G. Hannink
ジョン・G・ハンニンク副提督は、3人の統合参謀本部と、ダークスーツに深紅のネクタイを締めたドナルド・J・トランプ氏を含む小さな集会で、『今夜、世界はより静かに眠ることになる』と語った。その横には、Cに不利な証拠を集めたマイケル・ポンペオ氏とルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長が控えていた。

拘束されたヒラリー・クリントンは、軍の警護のもと、キャンプ・デルタ収容棟から、陸軍工兵隊がGITMOの南端にあるウィンドワード・ポイント灯台近くの空き地に設置した鉄格子の絞首台に連れて行かれた。鉄骨の梁に取り付けられた長方形の箱には、円形の赤いボタンが5つ突き出ている。それぞれのボタンの前には、制服を着た兵士が立っている。壇上では、別の兵士が編み込みの縄をクリントンの首にかけた。

ハンニンク副提督は死刑執行の詳細について述べた。「私が『準備完了』と言ったら、その一瞬前ではなく、左手の人差し指をボタンの前に立ててください。私が『実行』と言うまで、ボタンを押したままにしてください。5つのボタンのうち1つだけがドアを作動させますが、それがどのボタンだったかは誰にも分かりません。この指示を理解できましたか?」

「Yes, sir」と5人は一斉に叫んだ。

聖職者と医師が13段の階段を登り、Cの首に縄がかかっているかどうかを確認している兵士のそばに立った。その下でハンニンク副提督が、Cが最後の儀式を望んでいるか、最後に何か言いたいことはないかと尋ねた。

クリントンは黙っていた。「私はヒラリー・クリントンだから、こんなことはできないわ」と、魔女のような声で言った。

ドナルド・J・トランプは彼女に向かって「もう終わった」と叫んだ。

「準備完了」ハンニンク副提督は、実行部隊に向かってうなずいた。

兵士たちがボタンを押すと、クリントンの足元の格子が開いた。足首に手錠をかけられたままの彼女の足腰は、一瞬ピクリと動いた後、止まった。

縄が切られ、クリントンの死体は湿った草むらに横たわっていた。その場にいた医師が彼女のバイタルをチェックし、死亡を宣言した。

ディープステートを消滅させるというトランプ大統領のミッションに関与しているある機密情報源によると、全体的に沈鬱で憂鬱な雰囲気だったという。祝賀も歓喜もなく、ただ満足した雰囲気で、やるべきことはやったという認識だった。彼女が犯した罪の内容が、お祝いの気持ちを覆い隠していたのだ。しかし、40年に及ぶ恐怖の支配は終わりを告げた。

「トランプは彼女を憎んでいましたが、これは純粋なビジネスでした。彼は、彼女が自分にしたことよりも、彼女の手で苦しんだ子供たちのことを気にかけています。そう、彼女の終焉はディープステートにシグナルを送ることになります。しかし、トランプ氏はまだまだ続くことを知っており、仕事が終わるまで祝杯をあげることはないでしょう」と関係者は語っている。

コメント

人気の投稿