スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

ビル・クリントン軍事法廷 第1日目

By Michael Baxter -2021619日(Real Raw Newsより翻訳

(写真は裁判とは関係ありません。)
ウィリアム・ジェファーソン・クリントンのグアンタナモ湾での軍事法廷は、女性パネリストが元大統領に好意を示したことで軍事委員会事務局に衝撃を与え、3日遅れで金曜日に始まった。


金曜日の朝、制服を着た憲兵がクリントンをGITMOの南法廷に案内したとき、月曜日に見せた陽気さと威勢の良さは消えていた。金曜日の朝、GITMOの南側の法廷に護送されてきたビル・クリントンは、頭を垂れてうつむいており、弁護席には、彼が選んだ弁護人である老練なデビッド・E・ケンドールが座っていた。


ケンドールは、アメリカの弁護士で、ワバッシュ・カレッジ、エール・ロー・スクール、オックスフォードのウースター・カレッジを卒業し、最高裁のバイロン・ホワイト判事のもとで書記を務め、NAACP Legal Defense Fundのアソシエイト・カウンセルを経て、1981年からワシントンDCWilliams & Connolly LLPのパートナーとして、個人や企業のビジネスや政治に関する注目度の高い案件の法律相談にあたってきた。1998年から1999年にかけて、クリントンとホワイトハウスのインターンであるモニカ・ルウィンスキーとの関係に起因する弾劾手続きにおいて、クリントンの弁護を担当した。


金曜日の議事開始時に、ケンドールはジョン・G・ハンニンク少将に、ビル・クリントンにかけられたすべての容疑を「偏見なしに棄却する」よう大胆に要求した。これらの罪状には、殺人、未成年者に対する性犯罪、反逆罪、政府財産の窃盗などがある。


「クリントン大統領は、すでに死刑判決を受けているヒラリー・ローダム・クリントンの罪に答える必要はありません。ウィリアム・ジェファーソン・クリントンは、長年にわたって妻の犯罪にほとんど気づかず、気づいたとしてもせいぜい周辺的な関与しかしていませんでした。間違いなく、妻がすべての主導権を握っていたのです。私のクライアントは、それに付き合わされていたのです」とケンドールは言う。


ビル・クリントンは「すべてはヒラリーの仕業だ」と言った。


しかし、ハンニンク副提督は、自分の悪事の責任を取ろうとしないクリントン氏に感心しなかった。ハンニンク副提督は、『クリントン・キャッシュ』という本の中で作家のピーター・シュワイザーが述べていることを引用して、「一緒に盗んだカップルは一緒にいる」と指摘し、さらにその理論を展開して、「どうやら、一緒に殺したカップルも一緒にいるようだ」と法廷で述べたのである。


ハンニンク副提督は、「殺人には時効がありません、拘留者のあなたにも」と言った。


「私のクライアントは誰も殺していません」とケンドールが口を挟んだ。


この発言を受けて、ハンニンク副提督は法廷用に録音された電話の音声を再生した。それは、1993年にビル・クリントン、ジャネット・リノ司法長官(当時)、デビッド・チップマンATF長官(当時)、ウィリアム・セッションズ元FBI長官の間で交わされた会話である。この会話は、支部長デビッド・コレシュとアメリカのアルファベット機関との間で行われたウェーコでの睨み合いの50日目に録音されたもので、クリントンがコレシュだけでなく、施設内に匿われていた女性や子どもたちに対する憎しみを募らせていたことを裏付けていた。リノ、チップマン、セッションズの3人は、クリントンが優柔不断な態度を取ることは、将来の「家庭内テロリスト」や宗教的狂信者がコレシュの後に続くことになると主張し、長期化する膠着状態を早急に解決するよう求めた。リノはクリントンに「彼らを焼き尽くせ」と懇願し、チップマンとセッションズは軽い不安を覚えた後、状況が手に負えなくなったことに同意したのである。クリントンは、彼らに「全権委任」を与え、コレーシュに責任を負わせ、死亡者が出ても米国政府が無害である限り、「不満分子」を排除することを勧めた。


「彼らがどうなろうと知ったことではない、彼らは私に投票しなかったのだから。死んだら死んだでいい。ただ、その矛先が私たちに、もっと言えば私に向かないようにしてほしい。今すぐこの問題の芽を摘みましょう」とクリントンは電話で語った。


多くの人が知っているように、51日目にFBIATFがダビディアン農場を包囲した。施設は火災に見舞われ、コレシュを含む76人のダビディアンと25人の子供、2人の妊婦が灰になった。火炎放射器などの焼夷弾を装備した政府軍の車両や人員が写真やビデオに写っていたにもかかわらず、ジャネット・レノは「コレシュは自分の仲間を焼き払った」と主張した。


包囲戦の3日後に録音された電話で、クリントンはリノを祝福し、ダビディアン支部は「当然の報いを受けた」と述べている。


GITMOの南側法廷で、ハンニンク副提督はその録音を何度も再生した。


「これはヒラリーではなく、すべてあなたでした。あなたは大統領であって、妻ではない。彼女の声はどこにもありません。ここでは誰もコレシュがいい人だったとは言っていません。しかし、拘留者クリントン、あなたは、これらの死を命じたのです」とハンニンク副提督は言った。


ケンドール氏は、テープは証拠開示の対象になっておらず、したがって、その有効性を反証する機会が与えられていないと主張して、異議を唱えた。


「しかし、これは軍事委員会であり、暴動防止法の下で運営されているのです」とハンニンク副提督は答えた。


ケンドルは一転して冷静に、テープを認証するために月曜日の朝まで72時間の猶予を求めた。


「いいでしょう、この委員会は72時間の猶予を認めますが、これ以上の遅延は許されません」とハンニンク副提督は言った。


ハンニンク副提督は、月曜日の朝10時まで審議を休会することにした。

コメント

人気の投稿