スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

ビル・クリントン軍事法廷 2日目

By Michael Baxter -2021年6月22日(Real Raw Newsより翻訳)

 デビッド・E・ケンドール弁護士は月曜日の朝、軍事法廷でクライアントであるウィリアム・ジェファーソン・クリントンの容疑を晴らそうとしたが、1993年のブランチ・ダビディアンの76人の死にクリントンが関与したとする音声記録は確かに本物であると認めた。


独立したオーディオ・フォレンジック研究所(Primeau Forensics)は、クリントンが居住者を無視して屋敷を破壊するという無慈悲で冷酷な命令を下したことを確認した。 


それにもかかわらず、ケンドールは自分の法的戦略に固執した。それは、ヒラリー・クリントンを非難することである。 なぜなら、ビルとヒラリーは、リノ、チップマン、セッションズとの会話の20分前にプライベートな会話をしていたからだ。ヒラリーは、ビルが従わなければ離婚して無一文にすると脅して、ビルを脅して暴行を命じたのだと、ケンドールは軍部のクリントンに対する訴訟を裁く3人の将校に説明した。 


 「私の依頼人は弱い人間であり、恥ずべき生き物の弱い夫であったが、殺人者ではない。ヒラリー・クリントンは、ヒラリー・クリントンは、ウィリアム・ジェファーソン・クリントンをことごとく心理的に操っていた」とケンドールは語った。


 ハンニンク副提督が咳払いをした。「法廷での芝居には少し歳をとっているのではないですか、ケンドールさん? このような法廷での演出は、40年前の別の場ではうまくいっていたかもしれません。あなたの主張は無関係だし、そうでなくてもヒラリー・クリントンは証言するためにここにいるわけではない」。 


 「(皮肉を込めて)助けてくれなくてありがとう」とケンドールは言った。 


 「あなたはこの委員会の忍耐力を試しているのですよ、ケンドールさん。我々の許容範囲には限界があります」とハンニンク副提督は答えた。 


休憩の後、ハンニンク副提督は1999年の旧ユーゴスラビアのセルビア人に対する空爆作戦について語った。この空爆は、セルビア軍がコソボのアルバニア系イスラム教徒に対して行っていた広範な民族浄化を阻止するために行われたものだと、当時のビル・クリントンは語っていた。空爆は、コソボからセルビア軍を撤退させ、NATOの平和維持軍がそれに代わるという和平協定にセルビア人が合意した10週間後に終了した。 


 「民族浄化は想像を絶する犯罪であり、私たちはこのキャンペーンへの参加の是非を問うために来たのではありません。私たちは、ビル・クリントンが米国を巻き込んだ利他的な動機は茶番であり、彼の真の動機は、あらゆる彼のことと同様に、個人的な利益であったことを証明するためにここにいるのです。彼は軍事援助と引き換えに、複数の相手から莫大な額の現金を受け取ったこと。そうすることで、彼は米軍を傭兵部隊に変えてしまったのです。これは反逆行為です」とハンニンク副提督は語った。 


 爆撃作戦の2週間前から、クリントン夫妻が共同で管理している複数のケイマン島の銀行口座に多額の入金があったと、ハンニンク副提督は述べた。アノン国連事務総長から500万ドル。ドイツのシュレーダー首相から300万ドル。イタリアのマッシモ・ダレマ首相から500万ドル。セルビアのコソボ州に住むアルバニア人のリーダー、イブラヒム・ルゴバから400万ドル。 ハンニンク副提督は、法務官軍団の主張を裏付ける金融取引記録を法廷に示した。


 「この記録はどこで入手したのですか?」ケンドールは尋ねた。 


 「信用できない、ケンドールさん。抑留者クリントンの友人のすべてが、本当に彼の友人であるとは限りません。あなたのクライアントは決して貧乏人ではありませんでしたが、彼と彼の妻は事務所を去って大金持ちになりました。この場合、彼は議会に嘘をつき、個人的な利益のために47日間、1兆ドル規模の紛争に我が国を巻き込んだのです」とハンニンク副提督は言った。 


「たとえ真実であっても、そうとは言いませんが、あなたは30年以上前の出来事を持ち出しています、日付入りの資料で。次は何を私のクライアントのせいにするのですか? 恐竜の絶滅ですか? 私のクライアントは最近何をしましたか?」ケンドールはそう尋ねた。


ハンニンク副提督はニヤリと笑い、「最近のこと」が火曜日の議事の話題になるだろうと言った。彼は火曜日の10時まで休廷することを宣言した。

コメント

人気の投稿