スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

軍事法廷がビル・クリントンを有罪に

By Michael Baxter -2021年6月24日(Real Raw Newsより翻訳)

軍事委員会事務局は火曜日、ウィリアム・ジェファーソン・クリントン元大統領に対し、反逆罪と児童売買の罪で有罪判決を下したが、涙ながらに法廷の慈悲に身を投じたクリントン元大統領に、死刑ではなく終身刑を宣告した。


裁判官と陪審員を兼ねる3人の士官は、審理開始から2時間も経たないうちに評決を下した。法務総監の事件を起訴したジョン・G・ハンニンク副提督は、クリントン氏が「アドレノクローム・パーティー」に参加していたことや、エプスタイン島に何度も訪れていたことを証拠として提出した。エプスタイン島では、有罪判決を受けた小児性愛者ジェフリー・エプスタイン氏とともに、未成年の子供たちと麻薬を使ったパーティーに参加していた。


ハンニンク副提督がパネルに語ったところによると、これらの子供たちの多くは、クリントン大統領時代にビルと今は亡き妻が仕組んだ児童売買組織の犠牲者だったという。それは、クリントン夫妻とその友人たちが、犯罪的で淫らな行為によって利益を得たり、それに加担したりする年間10億ドル規模の産業へと発展した。ハンニンク副提督は、ワシントンDCのホワイトヘブン通りにあるクリントン夫妻の300万ドルの豪邸を含むエプスタイン島やその他の秘密の場所に、未成年者(多くの場合、家出人や孤児)が日常的にチャータージェット機で運ばれていたことを証明する取引記録を法廷に提出した。


「汚れを知らぬ子供たちがあの家を出入りしていたのに、誰も何も言いませんでした。ビル・クリントンがすべてをコントロールしていたので、誰も何も言いませんでした。クリントンの仲間たちが関わっていたので、当時は誰も口を割ることができませんでした。間違いなく、クリントン夫妻にとって殺人は息をするように簡単なことでした。レイプ犯であり、殺人者であり、裏切り者であるビル・クリントンは、非難されるべき犯罪に手を染める無限の力を持っていました」とハンニンク副提督は語った。


クリントン氏の弁護士であるデビッド・E・ケンドール氏は、法廷での芝居を続けながら、委員会の悪質な起訴を非難し、薄っぺらな証拠を見せつけた。


「委員会に敬意を表しますが、私のクライアントはエプスタイン島を訪れたことはありません。彼の名前は複数の飛行機の乗客名簿に記載されていますが、彼の自筆ではありません。彼は誰もレイプしていませんし、彼がレイプしたと主張する女性たちは、脚光を浴びて一時的に有名になりたいだけです。元大統領である私の依頼人には、その地位にあった者としての敬意が払われるべきです」とケンドール氏は語った。


これに対してハンニンク副提督は、ビル、ジェフリー・エプスタイン、ギレーヌ・マクスウェルの3人が未成年の少年少女と性行為をしている様子がはっきりと写っている12枚の画像を作成して法廷で見せた。


ハンニンク副提督は、「これらの写真は、ギレーヌ・マクスウェル氏の好意により入手したものです。他にも多数あります」と述べた。


「彼女が私の上で転がった?」クリントンはそう言った。


「確かにそうです。彼女が言うには、苦しめた後、あなたが公然と『殺すぞ』と脅し、気が狂うほど怖がらせた後、担架に縛り付けて採血し、あなたたちが大好きなアドレノクロムの調合薬に変えたそうです。彼女は、あなたが勃起不全で、従来のED治療薬を慢性的に使用していたため、結局役に立たなかったことを話してくれました。しかし、あなたはアドレノクロームによって新たな活力を得たのです」とハンニンク副提督は言った。


ケンドールは、伝聞を理由に異議を唱えた。


彼が異議を唱え終わる前に、ハンニンク副提督は検事席のノートパソコンのところに移動して、キーを叩いた。暫くすると、ニューヨークの刑務所の6X9フィートの独房からZOOMコールで生中継されたギレーヌ・マクスウェルの顔がスクリーンに映し出された。彼女は、1995年から2016年の間に、クリントンが23人の未成年者とセックスするのを個人的に目撃したと主張し、検察側の主張を裏付けた。


変革の瞬間か、それとも策略か、クリントンは突然泣き崩れた。彼は弁護士と個人的に協議するための時間を法廷に求め、ハンニンク副提督は法廷を15分間休廷させた。


その後、ケンドールは法廷でこう述べた。「ウィリアム・ジェファーソン・クリントンは、人間が知っている中で最も悪質な犯罪を犯しました。彼は本当に反省しており、自分の犯罪を後悔しています。彼はすべての責任を負います。彼はすべての罪を認め、死刑を免れたいと思っています。彼は74歳で、健康状態も悪く、すでに墓場に片足を突っ込んでいます。彼の一人息子は母を失っています。彼女も父を失ったままでいいのでしょうか?」


「その一人っ子はすぐにここに来るでしょう」とハンニンク副提督が口を挟んだ。


「私の依頼人に死を与えることは、迅速で慈悲深い罰になります。もし彼が慈悲に値しないと思うのであれば、彼の残された人生を刑務所で過ごすことがよりふさわしい罰となるでしょう。彼はその判断をこの法廷の慈悲に委ねているのです」とケンドールは締めくくった。


ハンニンク副提督は、「私個人としては、彼に慈悲を与えませんが、それを決めるのはこの士官たちです」と言った。


その結果、クリントン氏はGITMOのキャンプ・デルタで人生の最後の数年間を過ごすことになり、かつてこの忌まわしい居所に住んでいたイスラム聖戦士たちと同じ扱いを受けることになった。

コメント

人気の投稿