スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

ワクチン義務化をめぐる軍部の離脱が続く

By Michael Baxter -2021年9月22日( Real Raw News より翻訳) ロイド・オースティン国防長官による違憲のワクチン義務化をめぐって、軍の複数の兵科にまたがるパイロットの数が増えていることが、Real Raw Newsの取材で分かった。 2週間前、RRNは、第1戦闘航空団と第2爆撃航空団の27人のパイロットが、「すぐにワクチンを接種しなければ、飛行資格を失う」という厳しい最後通告を受けた後、任務を辞任したことを報じた。MSMとそのファクトチェック機関は、私たちの記事をすぐに否定し、誤りであるとのレッテルを貼ったが、すぐにソーシャルメディア上で離脱の証拠が追加された。 9月14日、ポール・ダグラス・ヘイグ陸軍中佐は、フォックス・ニュースの取材に対し、「すべての軍人はワクチン接種を受けなければ懲罰を受ける」という政権の命令に抗議して、YouTubeの動画を添付した辞表を司令官に提出したことを明らかにした。 ノースカロライナ州のフォートブラッグに駐留するヘイグは、その手紙の中で、「何よりもまず、私は、自分の意志と良識に反して血清を注入され、じっと座っていなければならないという、非合法で、非倫理的で、非道徳的で、専制的な命令に自分をさらすことができません。このいわゆる『ワクチン』が、長期的な影響を判断するのに十分な研究がなされているとは思えません」と述べた。 ヘイグ中佐の離脱は波紋を呼び、将校の間では辞職者が続出し、上級下士官の間では早期退職希望者が続出した。 9月16日には、ミズーリ州ホワイトマン基地の第509爆撃航空団のパイロット6名が、訓練飛行中に「着陸したらすぐに予防接種を受けるように」と言われ、辞表を提出した。 「私たちは3機の飛行機で訓練飛行をしていましたが、突然、無線で連絡があり、着陸したら医療機関に行って予防接種を受けるように指示されました。そして、全員が車に乗り込んだとき、全員一致で、注射を受けるリスクよりも辞職することに同意しました。もっと多くのテストが必要であり、潜在的に危険であるということに同意したのです。私は自分の仕事を愛しているし、軍を愛しているが、そのリスクに見合うだけの価値はない」とあるパイロットはRRNに語った。 6人全員がB2爆撃機を操縦していた。この爆撃機はわが国の卓越した空中戦略的抑止力であり、彼らの

ビル・ゲイツ軍事法廷 - 3日目

By Michael Baxter -2021年9月3日(Real Raw Newsより翻訳)

ゲイツの軍事法廷の3日目は、弁護士のデビッド・バルアルテ氏が用意した声明を聞くよう裁判所に懇願することから始まった。渋々、米海軍法務官軍団のジョン・G・ハンニンク副提督は、短い宣言を認めると言った。バルアルテは、無実の男を起訴した軍を叱責し、ゲイツの社会貢献がなければアメリカはどれほど悲惨なことになっていたかを強調した。

ゲイツの社会貢献がなければ、アメリカは悲惨なことになっていただろうと述べ、「ゲイツ氏は人類が知る限り最も偉大な慈善家である」とゲイツの慈善活動を宣伝し、ゲイツの無私無欲の態度から恩恵を受けた慈善団体のリストを8分もの時間をかけて朗読した。ゲイツのいない世界は悲惨で、深く、暗い絶望の淵であり、優しさや良識が失われ、現在地球上で起こっている以上の病気や疾患が蔓延しているだろうと、バルアルテ氏は法廷を足早に歩きながら語った。

彼は、ゲイツが日常生活にもたらした技術的成果を誇りに思い、ゲイツの卓越した技術がなければ、アメリカは暗黒時代に逆戻りしていただろうと述べた。

「ビル・ゲイツはこれまでも、そしてこれからも先見の明がある」「彼の専門知識、発明、そして優しさが何千何万という命を救ってきた」とバルアルテはまくしたてた。

「もう終わりですか?」とハンニンク副提督が尋ね、「この法廷はあなたの芝居を十分に楽しんだと思います」と述べた。

ハンニンク副提督は本題に入った。

「ビル・ゲイツは慈善団体に寄付をしましたが、彼が何かを発明したかどうかは疑問です。彼は自分より頭の良い人たちにその仕事をさせていました。しかし、彼の親切心は薄い化粧板のようなもので、ビル・ゲイツの本当の姿を隠すために作られた幻想だったのです」と、ゲイツ氏に対する軍の訴えの是非を検討するために任命された3人の士官委員会に向けて述べた。

ゲイツは、軍が国内のゲイツの所有地を秘密裏に捜索した際に押収したコンピューターから得た文書を法廷に提出した。それによると、ゲイツがファイザー、メルク、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの大手製薬会社と秘密裏に取引をしていたことが分かる。2001年8月4日付の電子メールには、ゲイツがファイザー社のヘンリー・マッキネルCEO(当時)に提案した内容が記されている。その内容は、まともな理性を持った人ならば、極悪非道な計画と考えるだろう。予防接種に検出不可能な毒を混入し、接種者の小脳を長年かけてゆっくりと溶かし、同時に重要な臓器を侵食するというものだ。このメールによると、症状が出るのは何年も先のことで、症状が出た場合、無知な臨床医は他の病気のせいにしたり、原因不明の臓器不全(末期疾患の原因を医師が正確に特定できない場合に用いられる予後不良)と判断したりするという。 症状が出てからでは遅いのである。ゲイツは、自分の製品があらゆる治療法を打ち負かすことができると書いている。

この申し出によって、ファイザー社は何を得ることができるのだろうか。ゲイツは、予防接種の安全性と有効性を向上させるファイザーの研究プログラムに年間1億5千万ドル、マッキネルのケイマン島の裏金に年間1千万ドルを「寄付」することに同意したのである。

ハンニンク副提督は、パネルの注目をマッキネルの返信メールに向けた。

「親愛なるゲイツ様」とハンニンク副提督は返信メールを読み上げ、「私たちの地球は人口過剰の危険な道を歩んでおり、最終的には社会に実際に利益をもたらす立場の人々のために資源を確保するために淘汰が必要であるというあなたの見解に共感していることはご存知のとおりです。私の選択であれば、あなたのアイデアを素直に受け入れ、全力で推進します。しかし、私も同僚も、まだ時期尚早だと感じていますし、このベンチャーは私や会社全体に罪を着せる危険性があると考えています。病気の真の原因が公表されても、私やあなた、あるいは会社が罪を問われないような仕組みを作っておけば、今後も話し合いを続けることができます...」。

ゲイツからの返信によると、すでにゲイツの部下が250人を対象に、インフルエンザの予防接種に導入された薬の改良型を使った臨床試験を行ったとのことである。このメールでは、どのような人たちがこの薬を受け取ったのかは明記されていなかったが、ゲイツは250人全員が薬を飲んで6か月後の同じ日に「死亡した」と書いていた。

バルアルテ氏は、無実のゲイツ氏を有罪に見せるために、メールが捏造されたり、改ざんされたり、修正されたりした可能性があると反論した。

ハンニンク副提督は、「ゲイツはこれらの通信を暗号化するために十分な努力をしましたが、我々の暗号と独立したデジタル・フォレンジックの専門家がこれらをゲイツのデジタル・フットプリントとリンクさせており、これらの電子メールが彼によって、あるいは彼に宛てて書かれたものであることは間違いありません」と述べた。

バルアルテ氏は法廷の許しを請い、依頼人と個人的に話し合うために休廷を求めた。

苛立ったハンニンク副提督は、自分自身が疲れているように見えたので、木曜日の朝まで休廷することに同意した。

コメント

人気の投稿