スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

CDCはサル痘の否定派を静かに解雇する

By Michael Baxter -2022年5月26日( Real Raw News より翻訳) 疾病予防管理センター (CDC)の内部告発者がReal Raw Newsに語ったところによると、CDCは、当局のサル痘のシナリオに従わない職員を静かに解雇し始めている。 この内部告発者は、国立新興人獣共通感染症センター(NCEZID)の終身雇用の研究科学者で、同部長のクリストファー・ブレーデン博士は、5月16日から、米国における現在のサル痘患者の真偽を問うために終身雇用のウイルス学者と実験助手2名を解雇したという。この解雇は、CDCが政治的利益のためにサル痘患者の存在を人為的に誇張しているのではないかと疑問を持った職員が数日後に行ったものである、と彼は付け加えた。 「Covidの間、CDCで働く何人かは非常に疑い深くなり、何かがおかしいと思ったのです。ロッシェル・ワレンスキーが架空の活動事例を発表し、コビットつま先のように存在しない症状を作り上げていたのです。私たちの多くは、このようなことが二度と起こらないようにと思っていますし、何人かは声を上げて問題になりました」と内部告発者は語っている。 RRNは、CDCが退職金を受け取る条件として、解雇された従業員に秘密保持契約と非開示契約に署名させたので、その身元を隠すよう依頼された。 最初に解雇されたのは、CDCで17年間働いていたウイルス学者である。5月16日、彼は海外渡航歴のないマサチューセッツの男性で、サル痘の症状である水疱、腫れ物、膿疱で手が覆われているサル痘患者の写真を見せられた。CDCはすでにこの男性をサル痘陽性と発表していたが、ウイルス学者に診断のサインを求めようとした。ウイルス学者も何かおかしいと思ったようで、CDCの過去のサル痘患者のデータベースと画像を比較したところ、2012年に東アフリカでサル痘にかかったアメリカ人宣教師の画像と完全に一致することを発見したのだ。その人はマサチューセッツに住んでいたことはなく、実はもう亡くなっていた。 「このウイルス学者がブレーデン博士に報告したところ、このケースは詐欺であり、善意で書類にサインすることはできないと言われました。彼は、センター内の誰かが古い写真を再利用して、現在の活発な症例として発表していると言った。ブレーデンは『矛盾』を発見してくれたことに感謝し、この

ビル・ゲイツ軍事法廷 - 3日目

By Michael Baxter -2021年9月3日(Real Raw Newsより翻訳)

ゲイツの軍事法廷の3日目は、弁護士のデビッド・バルアルテ氏が用意した声明を聞くよう裁判所に懇願することから始まった。渋々、米海軍法務官軍団のジョン・G・ハンニンク副提督は、短い宣言を認めると言った。バルアルテは、無実の男を起訴した軍を叱責し、ゲイツの社会貢献がなければアメリカはどれほど悲惨なことになっていたかを強調した。

ゲイツの社会貢献がなければ、アメリカは悲惨なことになっていただろうと述べ、「ゲイツ氏は人類が知る限り最も偉大な慈善家である」とゲイツの慈善活動を宣伝し、ゲイツの無私無欲の態度から恩恵を受けた慈善団体のリストを8分もの時間をかけて朗読した。ゲイツのいない世界は悲惨で、深く、暗い絶望の淵であり、優しさや良識が失われ、現在地球上で起こっている以上の病気や疾患が蔓延しているだろうと、バルアルテ氏は法廷を足早に歩きながら語った。

彼は、ゲイツが日常生活にもたらした技術的成果を誇りに思い、ゲイツの卓越した技術がなければ、アメリカは暗黒時代に逆戻りしていただろうと述べた。

「ビル・ゲイツはこれまでも、そしてこれからも先見の明がある」「彼の専門知識、発明、そして優しさが何千何万という命を救ってきた」とバルアルテはまくしたてた。

「もう終わりですか?」とハンニンク副提督が尋ね、「この法廷はあなたの芝居を十分に楽しんだと思います」と述べた。

ハンニンク副提督は本題に入った。

「ビル・ゲイツは慈善団体に寄付をしましたが、彼が何かを発明したかどうかは疑問です。彼は自分より頭の良い人たちにその仕事をさせていました。しかし、彼の親切心は薄い化粧板のようなもので、ビル・ゲイツの本当の姿を隠すために作られた幻想だったのです」と、ゲイツ氏に対する軍の訴えの是非を検討するために任命された3人の士官委員会に向けて述べた。

ゲイツは、軍が国内のゲイツの所有地を秘密裏に捜索した際に押収したコンピューターから得た文書を法廷に提出した。それによると、ゲイツがファイザー、メルク、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの大手製薬会社と秘密裏に取引をしていたことが分かる。2001年8月4日付の電子メールには、ゲイツがファイザー社のヘンリー・マッキネルCEO(当時)に提案した内容が記されている。その内容は、まともな理性を持った人ならば、極悪非道な計画と考えるだろう。予防接種に検出不可能な毒を混入し、接種者の小脳を長年かけてゆっくりと溶かし、同時に重要な臓器を侵食するというものだ。このメールによると、症状が出るのは何年も先のことで、症状が出た場合、無知な臨床医は他の病気のせいにしたり、原因不明の臓器不全(末期疾患の原因を医師が正確に特定できない場合に用いられる予後不良)と判断したりするという。 症状が出てからでは遅いのである。ゲイツは、自分の製品があらゆる治療法を打ち負かすことができると書いている。

この申し出によって、ファイザー社は何を得ることができるのだろうか。ゲイツは、予防接種の安全性と有効性を向上させるファイザーの研究プログラムに年間1億5千万ドル、マッキネルのケイマン島の裏金に年間1千万ドルを「寄付」することに同意したのである。

ハンニンク副提督は、パネルの注目をマッキネルの返信メールに向けた。

「親愛なるゲイツ様」とハンニンク副提督は返信メールを読み上げ、「私たちの地球は人口過剰の危険な道を歩んでおり、最終的には社会に実際に利益をもたらす立場の人々のために資源を確保するために淘汰が必要であるというあなたの見解に共感していることはご存知のとおりです。私の選択であれば、あなたのアイデアを素直に受け入れ、全力で推進します。しかし、私も同僚も、まだ時期尚早だと感じていますし、このベンチャーは私や会社全体に罪を着せる危険性があると考えています。病気の真の原因が公表されても、私やあなた、あるいは会社が罪を問われないような仕組みを作っておけば、今後も話し合いを続けることができます...」。

ゲイツからの返信によると、すでにゲイツの部下が250人を対象に、インフルエンザの予防接種に導入された薬の改良型を使った臨床試験を行ったとのことである。このメールでは、どのような人たちがこの薬を受け取ったのかは明記されていなかったが、ゲイツは250人全員が薬を飲んで6か月後の同じ日に「死亡した」と書いていた。

バルアルテ氏は、無実のゲイツ氏を有罪に見せるために、メールが捏造されたり、改ざんされたり、修正されたりした可能性があると反論した。

ハンニンク副提督は、「ゲイツはこれらの通信を暗号化するために十分な努力をしましたが、我々の暗号と独立したデジタル・フォレンジックの専門家がこれらをゲイツのデジタル・フットプリントとリンクさせており、これらの電子メールが彼によって、あるいは彼に宛てて書かれたものであることは間違いありません」と述べた。

バルアルテ氏は法廷の許しを請い、依頼人と個人的に話し合うために休廷を求めた。

苛立ったハンニンク副提督は、自分自身が疲れているように見えたので、木曜日の朝まで休廷することに同意した。

コメント

人気の投稿