スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

チェルシー・クリントン軍事法廷 第2日目

By Michael Baxter -2021年10月29日(Real Raw Newsより翻訳)

チェルシー・クリントンの軍事法廷の初日は、彼女の弁護士であるクリントン財団の弁護士、ロバート・S・ハリソンが、チェルシーの利益になると称して、裁判の結果を変えるかもしれない緊急の電話を受けるために退席したことで、突然終了した。

しかし、水曜日の朝、裁判が再開されると、ハリソンは不眠不休の顔で法廷に入ってきた。手錠をかけられたチェルシー・クリントンの傍らに座ったハリソンは、彼が近づくと笑顔を見せ、耳元で何かを囁いた。クリントン氏は、前日の証言を妨害したことを委員会に謝罪したが、彼女の表情は急に暗くなり、頭を垂れた。

ハリソンが謎の電話をかけてきたとされる件について、ダース・E・クランドール少将は「あなたの "新証拠 "はうまくいかなかったようですね」と言った。

「依頼人も私もこの裁判の合法性を認めていませんが、何はともあれ、遅れてしまったことをお詫びします」とハリソンは言った。

クランドール少将は、「これ以上、遅れることはないと思います」と答えた。

ハリソンは「必要ならば」と言った。ハリソンの無愛想な口調からは、クランドール少将に対する軽蔑と個人的な敵意がひしひしと伝わってきた。

マーク・メズヴィンスキーが証言台に戻り、クランドール少将は彼にチェルシー・クリントンの夫になったばかりの頃のことを話してもらった。

「最初は素晴らしく、至福で、穏やかでした。私たちは愛し合っていました。喧嘩もしなかった。何をするにも一緒だった。私は彼女の両親と、彼女は私の両親と仲良くしていました。彼女と一生を共にすることを楽しみにしていました」とメズビンスキーは語っている。

クランドール少将は、メズビンスキーに「最初は」という意味を明確にしてほしいと言った。

「結婚して9か月目にすべてが変わりました。この優しい女性が、ボス的なビッチになったのです。まるで電気のスイッチが入ったように...」。

ハリソンは立ち上がって、クライアントの態度は裁判の対象になっていないと、無遠慮に反論した。

「これは何ですか? チェルシー・クリントンを、意地悪で強引な性格だと告発するのですか? これはとんでもないことです」とハリソンは言った。

「ここは軍事法廷です、ハリソン君、君には異議を唱える権限はありません」とクランドール少将が諭した。

「私のクライアントはアメリカ軍の一員ではありませんし、一員であったこともありません。したがって、この場ではいかなる罪も問われることはありません」と、ハリソンは吠えた。

クランドール少将は目を細め、法廷の扉を守っていた海兵隊員2人にハリソンを法廷から追い出すように指示した。海兵隊員はハリソンを追い出して法廷のドアをロックしたが、ハリソンは法廷を「卑猥な堕落の巣窟」と呼んで抗議した。

クランドール少将は、チェルシーに向かってこう言った。「あなたの弁護人は法廷での礼儀がなっていません。少なくとも、あなたに対する罪の重さを理解してほしい」。

初めて、チェルシー・クリントンが話した。「私は話すことを拒否します」。

「結構です。メズビンスキーさん、続けてください」とクランドール少将は口にした。

メズビンスキーは、チェルシーが愛妻家から母親にそっくりになってしまったことを詳しく説明してくれた。口の悪いババアで、彼の尊厳や道徳観を蝕むような要求が絶えなかったという。

「チェルシーとヒラリーから、チェルシーと一緒になりたければ、家業に参加しろと言われました」とメズヴィンスキーは述べた。

「表面的には、クリントン財団の合法的なビジネスに協力していました」。

「表面的とは?」クランドール少将が言った。

「ヒラリーが担当し、チェルシーが参加した児童売買組織とクリントン夫妻を結びつける証拠を、私は几帳面に破壊しました。間違っていることは分かっていますが、彼女を愛していたので、彼女を引き留めるために必要なことは何でもやりました」とメズヴィンスキーは語った。

メズヴィンスキー氏は、チェルシーが母親の指導の下、米国とハイチで何百人もの子供たちの誘拐を監督していたと主張した。

「クランドールさん、私は協力したいのですが、頭が割れるように痛いのです。遅れてはいけないのは分かっていますが、明日も続けられるでしょうか」。メズビンスキーはそう言った。

クランドール少将は、その質問を熟考しているようだった。「協力のために、その要求を認めましょう。木曜日の午前8時に再開しましょう」。


注:レポートの入手が1日遅れているので、できるだけ早く更新します。

コメント

人気の投稿