スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

軍がチェルシー・クリントンを有罪に

By Michael Baxter -20211031日(Real Raw Newsより翻訳)

木曜日の朝、マーク・メズヴィンスキーの証言が再開され、彼の発言によってチェルシー・クリントンの棺桶が閉ざされた。

クランドール少将はまず、逮捕時にチェルシーのレンタカーのメルセデスに同乗していた3人のハイチ人の子供たちについてメズビンスキーに質問した。

「彼らは、いつだったかはっきり覚えていませんが、しばらく前にこの国に輸入されました。クリントン財団の友人に贈るためのものでした」とメズビンスキーは言う。

「興味深い言葉がありますね。『輸入された』という言葉を、あたかもマイクロチップやレタスが入った木箱のように使っていますね。『拉致された』とか『密入国した』という言葉の方が適切ではないでしょうか? その友人は誰ですか?」とクランドール少将が尋ねた。

クランドール少将が尋ねると、メズビンスキーは「知らない」と答えた。彼は、チェルシーが子供たちをマサチューセッツ州ロックポートのホテルの部屋に連れて行く間、自分は車の中で待つことになっていたと主張した。チェルシーは母親と同じように、密輸された子供たちを追跡しようとする試みを妨害するために、固有名詞を暗号化してアナグラムにしていたからだ。

「あなたと被告人は、密輸された子供たちを小児性愛者の手に渡すのが普通でしたか? 二人とも有名な人ですよね。それはちょっと...危険で愚かなことではありませんか?」

「珍しかったし、彼女も特別な配達だと言っていた。それに、モノポリーゲームのように、刑務所から出られるフリーカードがあったからね」とメズビンスキーは言った。

「刑務所から出るフリーカード?」とクランドール少将が尋ねた。

「例えば、何かの理由で州の警察官やFBIに捕まったとします。電話一本で、問答無用で釈放しなければならないと言われるのです」とメズビンスキーは言った。

「メズビンスキー氏さん、あなたは地元の警察や情報機関がクリントン家に従属していると言いたいのですか?」とクランダル少将が尋ねた。

「そのとおりです」とメズビンスキーは答えた。

「あなたを逮捕したデルタフォースのオペレーターは、あなたが持っていた刑務所から出られるというカードを守らなかったようですね」とクランドール少将が言った。

「それは予想外だった」とメズビンスキーは認めた。

クランダル少将は、ヒラリー・チェルシー・クリントンが、自分とその家族が小児性愛者に売った何千人もの子供たちの名前と、その受け手の身元を知っているかどうかを知りたがった。

「彼女は知っています」とメズビンスキーは言った。

この発言を受けて、チェルシーはメズヴィンスキーを「意気地なし、気骨なし、度胸なし、哀れな夫の言い訳」と罵倒した。「あなたは黙っていればいい、それがあなたのやり方よ、マーク」。クランドール少将は、彼女の暴言は法廷の礼儀をあからさまに侮辱しているとし、残りの裁判期間中、猿ぐつわをはめられる恐れがあるので法廷を尊重するよう注意した。

「火曜日の証言でメズビンスキー氏は、クリントンの犯罪の証拠を隠滅した責任があると述べました。しかし、それは完全に真実ではありませんよね。宣誓証言であなたは、密輸された子供たちの名前とその受取人の名前が、なんというか、アナグラムで書かれていて、その金額も書かれているスプレッドシートをスクリーンショットしたと法務総監に言いましたね。これは正しいですか?」とクランダル少将が尋ねた。

メズビンスキーはうなずき、クリントンの報復に対する「保険」が必要だと言った。

クランドール少将は、クリントンに関する軍の証拠を判断する役目の3人の将校に近づいた。クランドール少将は、軍部のクリントンに対する証拠を判断する3人の将校に、テーブルの上に一束の紙を置いて、「名前が混乱していても、ハイチ、コロンビア、ウクライナなどからアメリカに密入国した子供たちを売ることを、チェルシー・クリントンが許可していたことを決定的に証明する書類だ」と言ったのだ。

ある受取人のアナグラム(Tindus Komsovitz)は、11回も登場している。クランドール少将は法廷で、フォートミードの米陸軍情報保全司令部がデータベースを厳密に精査し、「Tindus Komsovitz」の正体がFacebook共同創業者のダスティン・モスコビッツであり、クリントン夫妻の長年の友人であり、ヒラリー・クリントンの選挙キャンペーンに数百万ドルを寄付した人物であると推理したと語った。

「あなたとチェルシー・クリントンは、ダスティン・モスコビッツに子供を売ったのですか?」

メズビンスキーの顔には涙が流れていた。「申し訳ありません。そうです。他にもたくさんあります」。

「そして、あなたは私たちにその名前を...」クランドール少将が言い出したが、チェルシーは立ち上がって、再び夫を非難した。

「あなたは黙っていなさい」クリントンは、魔女のキャッキャというような声でそう言った。

クランドール少将の指示により、一組の海兵隊員がクリントンに猿ぐつわをして、彼女を部屋から引きずり出した。

クランドール少将が十分な意見を聞いたかどうかを委員会に尋ねたところ、委員たちは満場一致でチェルシー・クリントンをすべての罪で有罪とし、人道に対する罪と無数の家族の生活を破壊した罪で処刑するよう勧告したのである。しかし、クランドール少将は、クリントンが1812年の反乱法、米国憲法、愛国者法などで規定されている米国市民の殺害や反逆罪を犯したという証拠がないのに、米軍はクリントンを処刑できるのかという疑問を認めた。

クランドール少将は、判決は「数日後」に開始されると述べた。

「彼女は絞首刑になるか、GITMOで一生を過ごすことになるだろう」とクランドール少将は語った。

コメント

人気の投稿