スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

CDCはサル痘の否定派を静かに解雇する

By Michael Baxter -2022年5月26日( Real Raw News より翻訳) 疾病予防管理センター (CDC)の内部告発者がReal Raw Newsに語ったところによると、CDCは、当局のサル痘のシナリオに従わない職員を静かに解雇し始めている。 この内部告発者は、国立新興人獣共通感染症センター(NCEZID)の終身雇用の研究科学者で、同部長のクリストファー・ブレーデン博士は、5月16日から、米国における現在のサル痘患者の真偽を問うために終身雇用のウイルス学者と実験助手2名を解雇したという。この解雇は、CDCが政治的利益のためにサル痘患者の存在を人為的に誇張しているのではないかと疑問を持った職員が数日後に行ったものである、と彼は付け加えた。 「Covidの間、CDCで働く何人かは非常に疑い深くなり、何かがおかしいと思ったのです。ロッシェル・ワレンスキーが架空の活動事例を発表し、コビットつま先のように存在しない症状を作り上げていたのです。私たちの多くは、このようなことが二度と起こらないようにと思っていますし、何人かは声を上げて問題になりました」と内部告発者は語っている。 RRNは、CDCが退職金を受け取る条件として、解雇された従業員に秘密保持契約と非開示契約に署名させたので、その身元を隠すよう依頼された。 最初に解雇されたのは、CDCで17年間働いていたウイルス学者である。5月16日、彼は海外渡航歴のないマサチューセッツの男性で、サル痘の症状である水疱、腫れ物、膿疱で手が覆われているサル痘患者の写真を見せられた。CDCはすでにこの男性をサル痘陽性と発表していたが、ウイルス学者に診断のサインを求めようとした。ウイルス学者も何かおかしいと思ったようで、CDCの過去のサル痘患者のデータベースと画像を比較したところ、2012年に東アフリカでサル痘にかかったアメリカ人宣教師の画像と完全に一致することを発見したのだ。その人はマサチューセッツに住んでいたことはなく、実はもう亡くなっていた。 「このウイルス学者がブレーデン博士に報告したところ、このケースは詐欺であり、善意で書類にサインすることはできないと言われました。彼は、センター内の誰かが古い写真を再利用して、現在の活発な症例として発表していると言った。ブレーデンは『矛盾』を発見してくれたことに感謝し、この

ビル・ゲイツ氏、予定より早くGIMOで絞首刑に

By Michael Baxter -2021年10月1日(Real Raw Newsより翻訳)

金曜日の朝、殺人犯でマイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツは、米海兵隊員がキャンプ・デルタの独房に入ってきて、法務総監が彼の死刑執行を10月5日から1日に変更したことを伝え、驚きの目覚ましコールを受けた。海兵隊員たちは、その理由を説明することなく、ゲイツに、死刑執行部隊が間もなく到着し、GITMOの南端に新たに設置された絞首台に彼を案内すると告げた。

「おまえのために新しい絞首台を作ってやったぞ」と警備員がゲイツを挑発したと言われている。

GITMO関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツは最後の食事を拒否し、1時間後、太陽が地平線から顔を出した頃、ゲイツはGITMOの死刑囚を収容するために新しい絞首台が建設された場所に連れて行かれた。

手首に手錠をかけられたゲイツ氏は、軍用車から出てきて、「約束を破った軍部を非難する。私にこんなことはできない。あと4日しかないんだ。あなたは私に嘘をついた! ここの責任者と話がしたい。私はそれを要求する」とゲイツは叫んだ。

米海軍法務顧問団のダース・E・クランドール少将が率いる処刑部隊は、ゲイツに好ましくない知らせを伝えた。

「騒がずに男らしく出て行け。判決の日付は暫定的なものであり、予告なしに変更される可能性がある。あなたは1時間前に通知を受けた。くだらないことを続けていれば、鎮静剤を投与してから絞首刑にする。それで創造主に会いたいのか?」とクランドール少将は言った。

以前のディープステートの処刑とは異なり、民間人や政治家の使者は出席しておらず、軍の幹部が少人数で集まっていたと情報源は語っている。

ゲイツは壇上に誘導され、名札も階級も記章もない制服を着た兵士がゲイツの首に縄をかけて締め上げた。海軍牧師が「ゲイツが来世で救いを得ることを願う」と言って最後の儀式を行った。

クランドール少将が、ゲイツに最後の言葉はあるかと尋ねた。

「私は無実だ。メリンダは嘘つきだ。私は善良な人間だ。慈善活動をしているし、常に法律を守ってきた。確かに、1975年には無免許運転、1977年にはスピード違反で逮捕されたが、それらは死刑判決に値するものではない...」とゲイツは言った。

「最後に何か言いたいことはないかと尋ねたんだ。小説を書けとは言っていない」とクランドール少将は言った。

クランドール少将はゲイツの横に立っている兵士に指示を出した。兵士がレバーを引くと、ゲイツの足元にあった落としドアが開いた。

しかし、何かが間違っていた。ゲイツの首はすぐには折れず、宙に浮いたまま、足をバタバタさせ、眼球は破裂するかのように膨らんでいた。手錠をかけられた両腕がロープを掴もうとすると、ゴボゴボと喉が鳴る。

「クランドール少将の助手は、ゲイツを切り落とすべきかどうか尋ねたが、少将は技術的な問題があっても刑を執行すると言って断った。ゲイツは生きたまま4~5分ほど吊られていたが、絞殺されてしまった。絞殺されたゲイツ氏は、医師から『死んでいる』と言われたそうだ。ビル・ゲイツはもういない」と我々の情報源は語った。

Real Raw Newsは、南カリフォルニア大学の名誉教授であり、中世の処刑の専門家であるポール・ノウルズ氏に連絡を取った。

「絞首刑を成功させるのは簡単なことではありません。人の身長や体重、落下距離などの変数があり、それらを考慮して必要なロープの長さを決めるのです。これらの変数のどれかが正確に計算されていなければ、絞首刑は失敗し、被害者は非常に長く苦しい思いをすることになります」とノウルズ教授は語っている。

コメント

  1. 本当だとすると、とても大きなニュースになると思うのですが…

    返信削除
    返信
    1. というか、アメリカ絞首刑でしたっけ?

      削除
    2. 全米で死刑を執行している38州のうち20州が薬物注射を採用している。
      残りの18州は、電気いす、ガス室、銃殺、絞首刑などのなかから
      死刑囚が選択できる。
      https://www.afpbb.com/articles/fp/2333426
      日本では絞首刑と決められているそうですね。

      削除
    3. あるサイキッカーの女性が
      ゲイツ氏は自殺と報道されるそうです。
      それがいつなのかというのは分かりません。

      削除
    4. RRNの記事は半信半疑だけど、一応は事実として受け止めている。他にも多くの著名人の記事もあるので、そのうちの誰かが間違いなく生存している事が判れば、RRNはあまり信用できないと判断できそうだけど

      削除
    5. 信じ込ませる上手いシナリオ考えましたね。この情報を信じる方は おそらく普段からインターネット等を利用して情報を取り入れ 只、分かったかのように勘違いをし、嘘を嘘と見抜けない方。公式な情報では無いので どうか皆様騙されないでください。

      削除
  2. テレビや新聞などスポンサーが外資で押さえられているメディアの情報で真実をしることは出来ないとアメリカ大統領選挙で目の当たりにしました。。大衆メディアはスポンサーの意向を発信するのであって真実ではありません。かえってネットや大手スポンサーを持たないメディアが真実を伝えられるんだとこの一年での気付きです。いつも貴重な情報感謝しています。

    返信削除
    返信
    1. 小田千恵美2021年10月8日 22:08

      あの私 このビルゲイツ死刑 逮捕 って5回目なんですけど、子のニュース信じていいのでしょうか?軍報道のオバマ死刑のニュースはウソでしたよね。
      大手は誤情報を報じるとかなりの損害と信用を失います。
      このニュース リアルに書きすぎていて 逆に怪しいです。
      大手が報道しないのはこのニュースが真実で無い為に報道しないと思います。
      ビルゲイツなんて世界に影響力がある方の死刑が大手で報道されないなんて絶対におかしいと思います。

      削除
    2. 本人に連絡してきいてみたらどうでしょうか。ただし人間は生前の行状により行き場所が異なるそうですからよく調べてから。
      すぐに人にきかずに自分で調べろということです。

      削除
    3. アメリカ在住の知人からの情報なんですが、RRNの記事はパロディ記事と概要に記載されているコメディサイトの用で 全て 作品 との事で読者を笑わせる為の記事との事です。
      ビル・ゲイツは今日普通にインタビューに出演してるようで 全然生きてるみたいですよ。

      削除
  3. トランプ大統領でいろいろ情報得るようになりました
    yuotube twitter facebook
    インチキ選挙 コロナ ワクチン マスゴミ
    ベリタス オキーフ cnn etc
    2000年に一度の体験でしょ?
    聖書が変わるような気がします!

    返信削除
    返信
    1. 余り世の中知らないですよね?

      削除
  4. 小田千恵美様、大手マスコミはほとんど、この手の重要な情報は発しません。ディビッドロックフェラー氏が亡くなられてもほとんど報じませんでした。国民を目覚めさせるようなことをすると、諜報機関から暗殺されるようなこともあるためでしょう。RRNが正しいかはわかりませんが、Bフルフォード氏も、逮捕は進んでいるとみており、この手の話題はこと欠きません。影武者、クローンを使って既に亡くなられた人物を存在するようにもしていると言われています。

    返信削除
  5. 火の無い所に煙を立たせるのがマスメディアであり、実際に燃えている場合は沈黙するのもマスメディアですね(笑)

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿