スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

チェルシー・クリントン、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter -2021年11月8日(Real Raw Newsより翻訳)

チェルシー・クリントンが軍事裁判の終了時に見せた偽りの威厳は、軍事委員会事務局が彼女の母親と同様に、世界の国家と子供たちに対して犯した罪で彼女を絞首刑にするつもりだと知ったとき、すぐに消え去った。

軍人関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、クリントン氏を絞首刑にするという決定は、殺人や反逆の罪に問われていない犯罪者の死刑執行に法的な先例があるのかどうか、クランドール少将が当初、確信を持てなかったため、すぐには下されなかったという。3人のオフィサーパネルは死刑を推奨していたが、クランドール少将は一方的に判断するのではなく、協議を求めた。

クリントンが有罪判決を受けた2日後の10月28日、クランドール少将は6人の法務総監上級士官に、クリントンを絞首刑にするか、グアンタナモ湾で終身刑にするかを決定するよう命じた。それまでの死刑執行は、軍事法廷で殺人や反逆の罪で有罪となった後に行われていた。クランドール少将は、アメリカ人ではなく外国人の子供を人身売買したことで「水を濁した」と言いながらも、クリントンの罪の重さが母親の罪と同じであることを認めた。

法務総監の優秀な法律家たちは、9日間にわたってクリントンの運命を考え、最終的にチェルシー・クリントンは本当に絞首刑になるだろうという結論に達した。「チェルシー・クリントンの有罪判決を受けた犯罪と、子供の安全と福祉を無視した行為については、死刑を支持する以外に選択肢はありません。彼女が裁判で反省していないことから、終身刑にしても彼女のためにならないと考えられます」とメモに書かれていた。

自分の運命を知ったクリントンは、泣き崩れてしまった。

「私は母親なんです。子供たちはどうなるのですか。彼らは母子家庭になってしまいます」とクリントンはクランドール少将に言った。

「何千人もの母親と子供の人生を台無しにする前に、そのことを考えるべきだったと思いますよ」とクランドール少将は言った。

「なぜマークを絞首刑にしないのですか? なぜ彼を処罰しないのですか?」クリントンが聞いた。

「彼は我々に協力してくれました」とクランドール少将は答えた。

「本当に、申し訳ありません。私の母とビルのせいです。彼らは私を...」とクリントンが言い出したが、クランドール少将がそれを遮った。

「あなたは感情を誤魔化すことに長けていない。明日、絞首刑です」。

そして、11月6日の朝、チェルシー・クリントンの首が折れ、30年以上にわたるクリントンの殺戮に終止符が打たれた。

RRNでは、実際の絞首刑の詳細を説明する必要はないと考えた。なぜなら、絞首台で人生を終えた他のディープ・ステート・エージェントと驚くほど似ているからである。

コメント

人気の投稿