スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

音響/マイクロ波兵器がトランプ大統領のマー・ア・ラゴを狙う

By Mike Baxter -2022年1月20日( Real Raw News より翻訳) 匿名を条件に話しているマー・ア・ラゴの情報筋は、フロリダ州パームビーチにあるドナルド・J・トランプの78エーカーの地所で、音響兵器またはマイクロ波兵器がゲストと住民を病気にしたとリアルローニュースに語った。 盗まれた2020年の選挙以来、トランプの司令塔として機能しているこの施設は、58の寝室を持ち、しばしば彼をまだ支持している高官や軍のリーダーたち、そして盗まれた大統領職を無効にするために彼のそばでたゆまず働いている人たちによって占拠されている。1月以来、トランプのネイビーシールズの護衛は、この敷地へのアクセスを要求するゲストを丹念に審査してきた。そして、昨年3月に報じられたように、トランプは、彼のプライベートネットワークにアクセスしようとしたエージェントが捕まった後、シークレットサービスの詳細を「ホワイトハット」運動に忠実なネイビーシールズと入れ替えた。 2022年1月初旬、マー・ア・ラゴの正門の警備を任されたシールズ隊員が、「ハバナ・シンドローム」と呼ばれる症状を訴えた。ハバナの米国大使館に勤務する米国人が、健康状態に問題がないのにめまい、頭痛、視力低下、急性耳鳴り、おう吐などの不調に襲われたことからそう呼ばれるようになったものだ。2016年に政府の保健当局が1,000件の症例を評価し、症状を特定の病気と関連付けることができないため、"異常な健康事故 "と "不可解で連鎖する生体システム障害 "という造語を作った。つまり、彼らは無知なのだ。 しかし、「ホワイトハット」は、音響兵器やマイクロ波兵器の標的となった人物にその症状を結びつける。 音波兵器や超音波兵器は、音を使って相手を傷つけたり無力化したりする多様なタイプの兵器である。音波兵器には、音波や超音波のビームを集中させるものと、音波のフィールドを発生させるものがある。人間の可聴域は20Hz~20kHzと限られており、また年齢とともに減少するため、誰もが超音波を聞き分けられるわけではない。例外もあるが、たいていは子供である。 マイクロ波兵器はもっと邪悪である。2004年、海兵隊はそのような兵器のプロトタイプを受け取った。コードネーム「メデューサ」と呼ばれるこの兵器は、車に積め

軍がジョージ・W・ブッシュ元大統領を逮捕

By Michael Baxter -2021年11月15日(Real Raw Newsより翻訳)

米国の特殊部隊が、ブッシュ元大統領をテキサス州クロフォードの牧場で逮捕した。土曜日の朝、ブッシュ元大統領を守るために配置されたシークレットサービスと民間警備会社との間で激しい銃撃戦が繰り広げられた。

金曜日の夜、ケンタッキー州フォート・キャンベルに駐留する特殊部隊「アルファ・デタッチメント」は、米陸軍特殊作戦司令部から牧場に潜入し、第43代大統領を逮捕するよう命令を受けた。牧場内の情報によると、ブッシュは通常のシークレットサービスの3人に加えて、武装した民間の警備会社に囲まれていることが分かっていたので、特殊部隊は抵抗を予想していた。

牧場への移動は、第160特殊作戦航空連隊(愛称:ナイトストーカーズ)が担当した。ナイトストーカーズは、高度な技術を持つヘリコプターパイロットの集団で、夜間、低空、急な連絡でも輸送、攻撃、突撃、偵察の任務を遂行する。ヘリは目的地に到着するまでに、3回の給油をしなければならなかった。

土曜日の早朝、暗闇の中、ヘリはブッシュ大統領の1,600エーカーの牧場の南東端にある空き地に降り立った。特殊部隊を降ろした後、ヘリは夜のうちに上昇し、脱出の指示を待った。

この作戦に詳しい軍関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、特殊作戦司令部は敷地内の詳細な衛星画像と、母屋から100ヤード離れた通信バンカーにライブストリーミングされるトレイルカム(遠隔操作のカメラ)の位置を入手していたという。

「諜報部は、ブッシュが敷地内に20人の警備請負業者と3人のシークレットサービスを抱えていると推定していました。計画では、監視カメラの死角を突いてメインビルに侵入し、ブッシュの個人的な護衛を制圧して、大規模なセキュリティ部隊に警告することなく脱出地点まで引きずり込むことになっていました。しかし、何かが間違っていました」と関係者は語る。

特殊部隊が母屋の200ヤード以内に近づいたところで大騒ぎになった。

2台のオープントップATV(All Terrain Vehicle:全地形対応車)に運転手と警備員3名が乗り込み、暗闇の中から特殊部隊に向かって走り出した。ブッシュの警備員は、銃撃の嵐を巻き起こし、兵士1名を負傷させ、1名を殺害した。一方の特殊部隊グループが敵と交戦している間に、もう一方のグループは母屋に向かってダッシュし、母屋の近くに駐機していたブッシュの専用ヘリコプターで避難する前にブッシュを捕らえようとした。

「戦況は一気に好転した。特殊部隊は岩壁の後ろに隠れ、NVG(Night vision device:暗視鏡)を使って2台の車のタイヤを撃ち抜き、ブッシュの警備員を死傷させました。しかし、彼らはまだ敷地内を少なくとも10人以上がパトロールしていることを知っていたので、警告を受けてすぐに移動していたでしょう。一刻を争う状況だったのです」と関係者は語っている。

特殊部隊の第2部隊が母屋に到着したとき、2人のシークレットサービスが現れ、パジャマ姿のブッシュを、茂みの中に停めてある装甲リムジンに誘導し始めた。特殊部隊は両手を挙げて止まるように指示したが、エージェントたちは振り向きざまに銃を抜き、1秒後には殺されてしまった。

敷地内のどこかで、空襲のサイレンのような耳障りなクラクションが鳴り響いていた。

「彼らはブッシュを捕らえ、部隊を再編成しました。死者が1人、胸に傷を負った仲間が1人という状況では、脱出地点にたどり着くことはできませんでした。彼らは、自分たちが立っている場所で救助を求める無線を送りました。パイロットは、スタッフ用トレーラーの近くに敵軍が動員されていることを伝え、彼らにはそこから脱出するための時間が残されていました。やつらは戦闘用の武器を持っていませんでした。そうでなければ、トレーラーを射撃ことができたでしょう」と情報源は語っている。

ヘリが着陸したのは、特殊部隊とその荷物を回収するのに十分な時間だけで、それ以上の衝突は避けられた。

情報源によると、法務総監と軍事委員会事務局は以前からブッシュの逮捕を求めていたという。彼は、なぜそんなに長く待っていたのか、なぜ土曜日の朝にブッシュを捕まえることにそれほどの衝動を感じたのかは言わなかった。ブッシュは反逆罪で起訴されており、イラクやアフガニスタンで何千人もの兵士を死なせたことや、9.11の首謀者としての役割、その他の犯罪について責任を問われているという。

「彼は軍事裁判を受けることになるでしょう」と情報源は述べた。

コメント

  1. 既に他界されているのかと思っていました。情報が錯綜しておりますね。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿